〒158-0093 東京都世田谷区上野毛1-30-22
  • 特大
  • 大
  • 標準

経鼻内視鏡

 

経鼻内視鏡検査

胃がんはがん死亡の中で男性では肺がんについで第2位、女性では大腸がんについで第2位と相変わらず頻度の高い病気です(※1)。早期発見すれば今や治せる病気ですが、早期にはあまり症状もないためバリウムによるレントゲン検診が行なわれ、私も長らくその読影に携わってきました。

しかし、バリウム検査は実際に直接胃の中を見ている訳ではなく、数mm程度の早期がんを発見するするためには、よほどうまく写真が撮れていないと困難です。その点、内視鏡検査ではくまなく胃の中を観察出来、もしおかしな場所があれば胃の壁をごく少し採って調べる(※2)ことも可能ですので早期発見には大変有用です。

経鼻内視鏡検査

じつはこういったことはすでに分かっていらっしゃる方も多いのですが、内視鏡検査を躊躇される方が多いのもまた事実です。長年内視鏡検査を行なって来て患者様の苦痛の軽減について思うことは、まずは経験豊富な医師が最大限丁寧にやさしく行なうことが必須で、それに加えて患者様の協力(力を抜くなど)も大切です。

しかし現実には、まったく苦痛なく出来たというのは難しいようです。内視鏡検査が「苦しかった」、「涙が出た」などつらかった話はすぐに伝わりますので、一度も検査を受けたことのない人もしりごみすることになります。そこで、検査中ボーっとなる鎮静剤を事前に注射する方法もよくとられますが、残念ながら神経質な方ではカメラが入ったとたん目がサエてしまったり、また、逆に高齢者などでは薬が効き過ぎて呼吸が弱くなり危険な場合もあります。

経口挿入
【経口挿入】
経鼻挿入
【経鼻挿入】

経鼻挿入では内視鏡が舌の付け根に触れず不快や吐き気が起こりにくい。
<経口挿入と経鼻挿入>

最近登場した鼻から入れる経鼻内視鏡では口から入れる経口内視鏡と違ってカメラがのど元を通るときに舌の付け根に触れませんのでゲーッとなりにくく、その後の検査もスムーズです。鼻の中はゼリー麻酔薬の使用により痛みはほとんどありません。検査中は経口内視鏡と違ってドクターと話も出来ますので、リラックスもしやすいといえます。鎮静剤は使う必要がほとんどありませんので、くすりによる血圧低下や呼吸抑制といった危険な副作用も減らすことが出来ます。毎年人間ドックでつらい思いをして経口内視鏡検査を受けていた方が経鼻内視鏡で検査を受けて、苦痛が少なく拍子抜けしたとおっしゃったこともあります。

経鼻内視鏡と鉛筆の太さの比較
<経鼻内視鏡と鉛筆の太さの比較>

ただし、経鼻内視鏡は病気を発見するスクリーニング検査には向いていますが、よりくわしい精密検査(たとえばがんの広がりを調べるなど)には、経口内視鏡検査が必要になる場合があります。また、鼻の穴が狭い方では鼻から入れられない場合があります。その場合、ご了解を得て口からに変更しますが、内視鏡は極細ですので通常に比べて苦痛は少ないといえます。

当クリニックでは予約制で経鼻内視鏡検査を行なっております。まずはお問合せください。経鼻内視鏡イラスト

※1 厚生労働省平成17年人口動態統計による。
※2 生検といいます。組織を採ることによる痛みはありません。

経鼻内視鏡体験記

Tさん 46歳 男性
10年前に口からの内視鏡検査を初めて受けましたが、とてもつらくてそれ以来、やった方がよいことはわかっているのですが、 なかなか積極的にはなれませんでした。
経鼻内視鏡の存在を知り、今回は久しぶりに検査を受けましたが、お話に聞いていた通り、苦痛が格段に少なくなり良かったです。
先生の説明を伺いながらモニター画面を見ていると、鼻から食道、胃の中へと進んでいくツアーを見ている感覚でした。
自分の身体の中を見るというのは不思議な感覚で、これならばまた受けたいと思いました。
ありがとうございました。

Fさん 53歳 男性
内視鏡の検査を最後に受けたのは5年ほど前でした。その時は軽い麻酔をかけて意識のない状態で検査をしてもらいました。したがって検査中のことはほとんど何も覚えていません。
しかし、今回宇多先生のところで受けた検査は、始めから終わりまではっきりとした意識があり、先生とも普通に会話ができて驚きでした。
最初、鼻から食道にカメラが通る時は少し違和感がありましたが、痛いことは全くありませんでした。また、苦しくもありませんでした。
検査中も終始先生から説明があり、全く不安なく検査を行うことができて驚きでした。これなら苦痛がないので毎年でも検査していいなと思いました。
今後内視鏡検査は経鼻内視鏡で受けたいと思います。
  • ホーム
  • クリニック紹介
  • 診療案内
  • 健診・ドック
  • 経鼻内視鏡